売却にかかる諸経費を確認しましょう。

私も武蔵村山市の新築から購入し、10年経過した物件を売却したとき、売却にかかる諸経費を確認したものでした。

売却にかかる諸経費の確認

売却物件に関する確認事項

物件の権利関係などは、売却の手続きや手順に影響を及ぼしますので、事前にきちんと確認しておきましょう。

基本的な権利関係のチェック

不動産に関するメインの権利には、所有権、借地権(建物の所有をターゲットにする地上権または土地の賃借権など)、区分所有権(1棟の建物に構造上区分したいろいろな独立した住居や店舗などがある建物を区分して所有する時の所有権)などが見られます。

物件の権利関係につきましては、法務局の登記記録(登記簿)でチェックすることができます。登記記録(登記簿)の「甲区」には所有権に関する事項が記述され、「乙区」には所有権以外の権利に関する事項が記載されています。

土地の境界線のチェック

土地を売買するケースでは、土地の境界線を明確にすることが必要です。登記記録(登記簿)や公図などの書面上は言うまでもなく、現地でも具体的にする必要があります。現 地では、境界を示す目印(これを「境界標」といいます)で確認します。ただし、境界標がない場合は、土地の実測作業を行った上で、隣地所有者と協議をして 境界確認書を交わすなどの手続きを踏む必要もあります。境界が不明確な場合は、後で境界紛争の元になる可能性がありますので、最初に確認をしておきましょ う。

物件の瑕疵(かし)への対処

瑕疵とは、雨漏りや建物の傾き、設備の故障などの物件の不備などのことをいいます。物件にこのような内容の瑕疵がある場合、瑕疵の内容とその対処を明確にした上で売却する必要があります。
例えば、雨漏りなどの修復可能な瑕疵であれば、修復してから売却するというバリエーションが考えられます。そのような状況では、売却の諸費用として修復費用を追加負担することになります。

あるいは、修復費用に相当する額を売却予定価格から差し引いた価格で売ることも考えられます。こういった風に物件に瑕疵がある場合は、売却の諸費用や売却価格に 影響する可能性があります。最終的にはその対処方法を自分で判断する必要がありますので、事前に不動産会社と事あるごとに相談するとよいでしょう。

物件の老朽化への対処

物件の老朽化の状況についても瑕疵と同様に確認したほうがオススメです。建物や設備が老朽化すると見た目も悪くなります。売却活動前にリフォームをしても、購入希望者の好みに沿わないという可能性もあります。売却時にリフォームをしたほうがよいのかに関しても、不動産会社と相談しながら、結局は自分で判断をしましょう。なお、リフォームをした場合は、その記録を買い主に引き継ぐことが大切です。